Love my life

毎日をシンプルに、豊かに暮らしたい。


スポンサードリンク

秋に食べたい焼き芋。電子レンジのオーブン機能とオーブンシートを使って簡単に。

f:id:riekoand:20180916143759j:plain

秋になると、焼き芋が食べたくなります。

そうすると、気になるのが簡単に焼き芋をつくる方法。

今日は、お家にある電子レンジのオーブン機能で簡単に焼く方法について書きたいと思います。

目次

アルミホイルもラップも不要。必要なのはオーブンシートだけ 

インターネットで色々調べた結果、一番簡単だと思った焼き方が今日ご紹介する方法。

アルミホイルでまいたり、ラップで巻いたりする必要がなく、オーブンシート(クッキングシート)を蜜がレンジに焦げ付かないように敷くだけなのでとってもラクです。

電子レンジのオーブン機能を使った、簡単な焼き芋の焼きかた

【材料】

さつまいも   2,3本

オーブンシート 1枚

【作り方】

1.さつまいもを数本軽く洗い、オーブン皿の上に敷いたオーブンシートの上に並べる。芋がパサついているときは、少し水につけておいてもよいかと思います。

2.電子レンジのオーブン機能を使って、200度で10~15分焼く。焼けたら、火傷しないようにトング等を使い、芋をすべて裏表ひっくり返す。

3.オーブンを210度にあげて、さらに10~15分焼く。

4.しっかり焼けるまで10度ずつ温度を上げ、2と3を繰り返します。串や箸などを芋にさしてスッと通り、蜜が皮に出てきたら焼き上がりです。

 

▼トングで裏表を返しているところ。熱いのでやけどに気をつけて!

f:id:riekoand:20180916143805j:plain

上手に焼くコツ

上手く焼くコツは、裏表をひっくり返し、全体をまんべんなく焼くこと。

そして、同じさつまいもといっても、長さや太さ、水分量などがまったく違うので、常に様子を見ながら焼くのが大切です。

我が家の電子レンジでは、いつも平均して40分以上時間がかかるのですが、実家の電子レンジはパワフルなのか、15~30分ほどであっという間に蜜が焦げはじめました…。

ご家庭の電子レンジの機能にもよるので、油断せず焼け具合をみながら調理してみてください。あとは、オーブンを使うので、火事や火傷には十分に気をつけて!

ぜひ、秋の焼き芋を簡単に楽しんでくださいね。

 

▼いつも応援クリック、ありがとうございます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ