読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Love my life

毎日をシンプルに、豊かに暮らしたい。


スポンサードリンク

引っ越しで大活躍!段ボールをまとめる3つのコツ

先日、インターネットで注文した商品が大量に届きました。 

段ボール ダンボール 結ぶ 結び方

大量に届いた段ボール入りの商品。出した後の段ボールは!?

どちらも新生活に必要なものなので、数が多く段ボールのサイズが大きい! 写真の通り、玄関がいっぱいになってしまいました。今日は「開梱デー」と決めて。出して畳んで結んでゴミに出せる形にしていきます!

段ボールをまとめるコツその1 同じ大きさの段ボールをまとめる

前に働いていた職場で、よく印刷済みの雑紙ゴミが出ることがあり、スズランテープでまとめて結んでいました。そのおかげか、段ボールなど紙ものを結ぶのは得意なほうです。引っ越しや買い物のシーズンに、今日は段ボールを固くまとめて結ぶ方法をご紹介したいと思います^^

まずは、段ボールを結ぶ前にサイズをそろえましょう。

できれば大きな段ボールは大きなものどうしでまとめます。サイズが違いすぎる場合は、大きなものを小さなものにあわせて畳むか、もしくは大きな段ボールの間に小さな段ボールを挟みます。

コツその2 スズランテープを二重に巻く

よくやってしまうのが、テープを一重に巻いて結ぶことですが、一重ではゆるゆるの巻きになってしまい、安定しないので運ぶのも大変です。

そこで、段ボールはだいたい同じサイズのものを畳んだら、スズランテープで縦に2回巻いた後、正面でクロスさせて、さらに横に2回巻きます。

▼テープを正面でクロスさせたイメージ。

f:id:riekoand:20160408155151p:plain

最後は、正面でクロスしているところに端を巻きつけてひっぱり、余分なテープ部分がでないようにしてから結びます。

段ボール ダンボール 結ぶ 結び方

縦横と2重に巻くことで、より安定した固い結びになります。

コツその3 まとめた後に、小さめの段ボールを挟みこむ

これだけだと、正面で結んだときに少しゆとりが出てしまうので、結んだ後、少し小さめの段ボールを畳んだものをテープの間から差し込みます。こうすると、より結びが固くなり、運びやすくなるのでおすすめです。

新年度は、何かと買い物をすることが多いかと思います。特に、ネットで買った場合は必ず段ボールがついてくるもの。家の中を段ボールだらけにしないように、しっかりまとめてすぐ処分しましょうー!

 

荷物を取り出した後の段ボールは「ガラクタ」。皆のガラクタは!?

トラコミュ ガラクタ捨てれば自分が見える?

トラコミュ 捨てる。

 

ひたすら、出して畳んで結んだ後。玄関がスッキリしました^^

段ボール ダンボール 結ぶ 結び方