読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Love my life

毎日をシンプルに、豊かに暮らしたい。


スポンサードリンク

少ないモノで暮らす原点を思い出させてくれた2冊の本『国境のない生き方』『地球で生きているヤマザキマリ流人生論』

 

先日、丁寧な暮らしが素敵なブロガー、ハルマキさんの記事にヤマザキマリさんの著書が紹介されていました。

こんな育児が、こんな生き方がしてみたい!憧れのライフスタイル本「国境のない生き方 ~私をつくった本と旅~」 - good room,good life

ヤマザキマリさんは、漫画家。

古代ローマ人が現代日本にタイプワープし、ローマにお風呂を造るという奇想天外(!)なストーリーの漫画『テルマエロマエ』の著者です。

▼シリーズ6巻で完結!『テルマエ・ロマエ』

▼阿部寛さん主演で映画にもなりました^^

旅するように生きる

さっそく読んでみると…。

ヤマザキさんの経歴も、コミックと同様に奇想天外(スミマセン)!

英語に興味があり、通訳になることを考えていたものの、初めてのヨーロッパ一人旅(そのとき若干14歳!)で出会ったマルコおじいさんに説得され、元からの希望だった画家を目指して単身イタリアへ。

その後、イタリアを中心に日本を含む世界各地で生活をされています。

そんなヤマザキマリさんの体験的人生論。

すごく面白くて、すごく羨ましい!!

もちろん、単身外国で暮らす困難を越えて、いまの生活をされているのだと思うのですが、国境にとらわれない生き方が眩しいです。

スーツケースひとつで渡った私の留学体験

本を読んで思い出したのは、私自身の体験。

大学生のときに、交換留学で一年間アメリカで暮らしたこと。

持っていったのは、スーツケースひとつ分の荷物だけでした。

留学中に友だちとまわった国立公園旅行には、大きめのスポーツバッグをひとつ。

あのころは身軽だったなあと。

家族のいる今、スーツケースひとつの生活はムリだけれど、心はそんな風に自由でありたいなと改めて感じます

少ないモノで暮らしたいのは、自由でいたいから

荷物が少ないと、どこにでも引っ越すのが簡単。

日本国内でも、海外でも!

そして、モノが少ないというのは、引っ越しがラクという他にも、心も身軽にさせてくれる状態。

ハルマキさんも以前ブログに書かれていましたが、いつか家族で留学してみたいなあ…。

子育てしながら主婦として暮らしていると、何かと視野が狭くなりがち(ワタシの場合)。

そんな生活に、ガツンと風穴をあけてくれる2冊です。 

▼怒涛の世界生活を展開される、自伝的エッセイ。

▼世界基準の美女など、イラスト付きの人生論。

本当は、モノにこだわるんじゃなくて、生き方を考えなきゃと思わせてくれる本。

コミックだけでなく、エッセイも面白かったので他も読みたい。

良い本をご紹介いただき感謝です!

 

▼少ないモノで生きたい方におすすめのブログテーマ^^

トラコミュ ミニマリストになりたい

トラコミュ シンプル・ミニマルライフ

トラコミュ ミニマリストな生活 & シンプルライフ