読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Love my life

毎日をシンプルに、豊かに暮らしたい。


スポンサードリンク

引っ越ししたらスグやること。備え付けの排水口等を外して、掃除をよりラクにする。

暮らし

引っ越したらまずすること。それは、備え付けのお風呂や台所の排水口のフタなどを外すこと。

排水口 フタ 掃除

台所の排水口

台所のシンクの排水口には、写真のようなフタゴムがついています。これを外すと、ゴミがたまる部分が見えます。見えますが、外した方がよいのは、フタをしているとフタ自体が汚れてしまうから。

フタをしていないと、フタ自体の掃除も不要になりますし、その下のゴミ受け部分も見えるので、汚れていたらすぐ掃除することができます。フタなしバンザイ!

お風呂の排水口

お風呂には、排水口部分にヘアキャッチャーがあります。さらに、お風呂によってはスノコ状のカバーがついている場合も。

我が家では、前に住んでいた家のお風呂に、このカバーがあり、複雑な構造のカバーがすぐにカビてしまうので、お風呂掃除が本当に億劫でした。そこで、カバーをとると、あらまスッキリ! カバーの下の部分も、汚れることが少なくなりました。スノコ状のものでなくても、カバーを外すとカバー自体の掃除もいらなくなりますし、水気が減るので、その下も清潔に保つことができます。

新居でも、さっそく排水口のカバーを外して、今のところ快適にお風呂ライフを過ごしています。

さらに、排水口のヘアキャッチャーも交換すると掃除がラクです。髪の毛がまとまるので、ヘアキャッチャー自体の汚れも減るので本当におすすめです!

【掃除】お風呂の排水口掃除の工夫。髪の毛がくるくるとまとまって、ポイッと捨てられる。 - Love my life

番外編 洗面台のハブラシ置き

最後は、番外編のハブラシ置きです。

新居には、備え付けのハブラシ置きはなかったのですが、別にハブラシ立てが洗面台に置いてありました。数本立てられて、下には水がたまる構造のものです。こ、これはすぐにカビそう…。そう思って、すぐにビニル袋に入れて洗面台の下に収納^^; 退去するときに出そうと思います。

排水口 フタ 掃除 ハブラシホルダー 吸盤

代わりに購入したのは、セリアで見つけた吸盤タイプのハブラシホルダー。こちらも、整理収納アドバイザーEmiさんの書籍で知った便利グッズです。

ハブラシの水は洗面台に落ちるので、ハブラシ立ての掃除が不要になりました。前の家には洗面台に備え付けのハブラシ立てがあり、すぐに赤カビが出るのが苦手。吸盤タイプでシンプルなものがなかなか見つからなくて…。ようやく見つかりスッキリです!

そこにあるけどなくても良いもの。むしろないほうが良いもののは、ズバリ「排水口のフタ」。外しておくと、掃除がよりラクになります♪

 

意外と知らない、もっとラクな掃除の仕方やコツ!

トラコミュ 掃除・掃除・掃除ー♪ 

トラコミュ もっと心地いい暮らしがしたい!