Love my life

毎日をシンプルに、豊かに暮らしたい。


スポンサードリンク

【断捨離】手放したコートが教えてくれた、私の好きなおしゃれ。

断捨離 コート おしゃれ わかる 捨てる 色 好み

先日、春物のコートを手放しました。

濃いめのサーモンピンクが華やかな若々しいデザイン。

しばらく迷っていましたが、クローゼットに余白をつくりたくて今回手放すことに。

このコートを捨てたことで、逆に、いくつか気づいたことがありました。

なぜ買ったのかを考える

購入したのは、まだ結婚したての頃。

よくいくアウトレットモールで見つけた一枚です。

目についたのは、その華やかな色!

もともと朱色が好きなので、 どうしても目がいってしまう…。

着てみると丈もピッタリでした。

ちょうど春物のコートが欲しかったので、クローゼットに仲間入りすることに。

買ったときを思い出してわかったのは、色が好みだったということ。他の色では買うことはなかったと思います。

なぜ捨てたのかを考える

新居ではスチールラックを服の置き場所として使っているので、収納できる量も限られています。

スチールラックでより快適な収納を! - Love my life

そのなかでどうしても気になってきたのがこちらのコート。出番がないのです。

着なくなった理由はいくつか。

・子育て中はもっと軽いものが必要(重い)。

・ポケットからモノが落ちやすいデザイン。

・色はキレイだけれど、よくみると古びている。

こうした条件が見えてきて、ようやく手放す決心がつきました!

捨てたことで見えてきた、自分の好きなおしゃれ

ブログ用に写真を撮りながら、「やっぱりこの色が好き」と思いました。

 白と黒のシンプルなスタイルも大好きですが、色を一色だけ加えるとしたら、やっぱり「朱色」。

赤でもない、オレンジでもない「朱色」に、なぜか心がひかれます。

もともと色白だけれど血色のよくないタイプ。自然とパワーチャージできる色を求めているのかも。

コートは捨ててしまったけれど、おかげで自分の好みの色がはっきりとわかりました。

大好きな「朱色」。服に限らず取り入れて、おしゃれを楽しみたいと思います。

断捨離で気づいた「自分のおしゃれ」、みなさんにはありますか?

 

▼捨てることで見えてくる!断捨離を扱ったトラコミュ♡

捨てる。

ガラクタ捨てれば自分が見える?

断捨離でゆとり生活

断捨離シンプル&ミニマムな暮らし