Love my life

毎日をシンプルに、豊かに暮らしたい。


スポンサードリンク

いつもの麺に夏らしい彩りを。枝豆のジュレとトマトのそうめん。

f:id:riekoand:20180802205710j:plain

暑くて麺の出番が多くなっています。 

そうめん、ひやむぎ、中華麺。麺の種類はいろいろありますが、食べ方がマンネリになりがち。

そんなとき、見た目を夏らしい彩りにできるレシピを見つけました。

目次

🔻レシピは栗原はるみさんのサイトで。

枝豆のジュレとトマトのそうめん|レシピ|ゆとりの空間

材料と作り方

【材料】4人分

さや枝豆    800g

※お手軽に冷凍枝豆でも。

ゼラチン    5g

※なければ、寒天でも。

水       大さじ2

[A]

だし汁     1と1/2カップ

薄口しょう油    大さじ1

みりん     大さじ2

塩        少々

 

そうめん    4束

※ひやむぎなどお家にあるものでもOK。

トマト     小6~8個

 めんつゆ    適量

※はるみさんのレシピ通り手作りでも、市販のめんつゆでも。

※しょうが、しそ、等の薬味があればなお美味しいです。

【作り方】

1 枝豆を茹で、ボウルに豆を出しておきます。

f:id:riekoand:20180802205550j:plain

 

2 ジュレをつくります。鍋にゼラチンと分量の水を入れ、火にかけてよく溶かします。ゼラチンが溶けたら、火にかけたまま、だし汁、しょう油、みりん、塩を入れて溶かします。

f:id:riekoand:20180802205516j:plain

 

3 すべて溶けたら、火からおろし、鍋ごと氷水なとに入れて冷やします。このとき、鍋が熱いので火傷に注意してください。

f:id:riekoand:20180813065528j:plain

 

4 あら熱がとれたら、枝豆を入れたボウルに入れ、冷蔵庫で冷やして固めます。

f:id:riekoand:20180802205622j:plain

 

5 そうめんを茹でます。茹で上がったら流水でよく洗い、水気をきって深皿などの器に盛りつけます。

6 ジュレが固まったら冷蔵庫から出し、5のそうめんの上にスプーンなどで崩しながらのせます。

7 トマトを輪切りにして器に盛る。めんつゆをかけて完成。

f:id:riekoand:20180802205644j:plain

 

じつは最初につくったとき、水の分量を間違えて倍にしてしまい、ジュレが固まりませんでした(笑)。

今回は、実家での再トライしたもの。

見た目も涼しく野菜も食べられる。いつもの麺とは変わった、夏らしい一品になりました。

f:id:riekoand:20180802205758j:plain 

作ってみた感想

レシピは4人分なので、我が家では半量の2人分で作りました。

また、このレシピでは、ゼラチンが一番のポイントですが、一番難しいところでもあります。

水気が多すぎると固まらないので、ゼラチンをだし汁で溶かすというのもアリかと思います。

我が家では、一度目ではジュレが固まらず、二回目でようやく形になりました。

何度か試して、お家のレシピをつくってみてくださいね。 

 

▼いつも応援クリック、ありがとうございます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ