読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Love my life

毎日をシンプルに、豊かに暮らしたい。


スポンサードリンク

【インテリア】暗い部屋を明るく見せたいときに簡単にできる、ちょっとした工夫!

インテリア

f:id:riekoand:20160622105604j:plain

新居は角部屋で、南東向き。

ですが、部屋によっては光があまり入らず、一日中暗めの部屋があります。

そのことが気になっていたのですが、少しだけ変えられそうな予感。

▼ヒントをいただいた本はこちら。

以前ご紹介した、世界的インテリア・コーディネーター、テレンス・コンランの本です。

【インテリア】雑然とした部屋をスッキリ見せる工夫、ちょっとした方法とは!? - Love my life

色を味方につけて活かす

色には暖色と寒色があります。

暖色は赤やピンク、オレンジといった温かみを感じる色。寒色は逆に寒さを感じる青や紫。

そして、黄色も暖色のひとつ。

この章の、黄色について書かれた部分を読んで、ハッとしました。

それは「黄色は暗いところを明るくみせる効果がある」といった内容。

さっそく取り入れてみました。

黄色は空間を明るくする、ダイニングルームの例

▼BEFORE

f:id:riekoand:20160622111742j:plain

ダイニングルーム。ベランダに出るドアはあるけれど一日中暗め。

そこに、子どもが作った作品を飾ります。

▼AFTER

f:id:riekoand:20160622111843j:plain

写真ではわかりにくいかもしれませんが、部屋が少し明るく、楽しい雰囲気にかわりました!

ここの壁、新居のなかで少し暗い感じで、「食事をする場所なのに雰囲気が暗いなあ…」と感じていました。それが、黄色を持ってきたことでパッと華やかに。ダイニングに合ったイメージに早変わり。色の効果、意外と大きいです。

部屋のイメージを色で変える

今回は、暗さを感じるダイニングルームに黄色を取り入れてみました。

逆に、明るすぎたり暑さを感じる部屋には、寒色を取り入れると印象が変わります。

我が家では子どもの作品を飾りましたが、色のある写真やポスターなどを飾るのも素敵です。

お部屋のイメージを変えたいときに、ヒントになれば嬉しいです^^

 

▼住まいとインテリアのヒント!

トラコミュ 住まいと暮らし

トラコミュ インテリアを楽しむ♪

トラコミュ シンプルで豊かな暮らし