Love my life

世界中の人とつながる、シンプルで豊かな暮らし


スポンサードリンク

カステラの元祖!?ポルトガルのお菓子パンデロー

f:id:riekoand:20200417154649j:plain

皆さん、こんにちは。お変わりありませんか?

今日はカステラの元祖といわれるお菓子、パンデローの調理レポをお送りします。

目次

子どもと一緒にごほうびお菓子

個人的なお話ですが、子どもが「スマイルゼミ」というタブレット式の知育教材をやっています。そこに、ごほうびカードとして出てくるのが、外国のお菓子や料理。

カードを見るたび、食べてみたい、と言われついに腰をあげることになりました(汗)。

タブレットで学ぶ幼児・小学生・中学生向け通信教育|【公式】スマイルゼミ

なお、ごほうびカードに出てくるのは、パンデローやポンデケージョ、ピロシキにサモサ、今後も何かしら作ることになりそうです…。

食育するには良い機会だと思います(笑)!

使うのは小麦粉、卵、砂糖

参考にさせていただいたのはこちらのレシピです。

ポルトガルの★元祖カステラ★パンデロー by Quegiro 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが327万品

材料 

※家にあるもので作ったので元のレシピとは変わっています

全卵       1個

砂糖      50g

卵黄       3個

薄力粉     25g

クッキングシート 1枚

オリーブオイル  少々

作り方

(1)型にクッキングシートを敷いてオリーブオイルを塗る

型にクッキングシートに敷き、オリーブオイルをたらしてスプーンで広げてみました。

f:id:riekoand:20200417154617j:plain

我が家にはケーキ型がないので、代わりにオーブン調理可のティファールの鍋を使ってみました。

▼持ち手がないのが画期的。ルビーの6点セットを持っています。

次は、ボウルに全卵と砂糖をいれて泡立たせます。電動ミキサーで白っぽくなるまで泡立てました。

f:id:riekoand:20200417154614j:plain

(3)卵黄を加えて泡立たせる

次に、卵黄3個分を加えてさらに泡立てます。生地がもったりと泡立ってきました。

(4)薄力粉を入れて混ぜる

ボウルに薄力粉を加えてなめらかになるまで混ぜます。泡をつぶさないように大きくすくうように。 

f:id:riekoand:20200417154622j:plain

同時にオーブンを230℃に余熱しておきます。

(5)型に流し込み、軽く蓋をしてオーブンで焼く

泡をつぶさないように型に流し込みます。空気を入れないように、高いところから流しいれてみました。

f:id:riekoand:20200417154627j:plain

次は、レシピにある通りアルミホイルで軽くふたをして覆います。

f:id:riekoand:20200417154633j:plain

230℃に余熱しておいたオーブンで10分焼いたら、アルミホイルの蓋をとり、さらに1分半焼きます。

蓋を取った後、我が家のオーブンではまだ焼き色がつかなかったので、さらに数分焼きました。

(6)オーブンから出し冷蔵庫で寝かせる

オーブンから出したところ。カステラに似ていますが、より生っぽい柔らかい感じです。

f:id:riekoand:20200417154640j:plain

このまま食べずに冷蔵庫で寝かせるとより美味しくなるそう。

作ってみた感想

じつは、上に冷蔵庫で一晩寝かせる、と書きましたが、我が家では味見と言ってあっという間になくなってしまいました(汗)。

f:id:riekoand:20200417154644j:plain

私は味見程度、甘党の夫と子どもには好評で寝かす間もなく完食…。

一晩寝かせたほうが味が馴染んで美味しいようなので、次回はそうしたいと思います。

自宅での時間、新しいレシピに挑戦してみませんか?

▼お読みくださりありがとうございます。応援クリックをいただけると嬉しいです!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ 

こちらは、少し前に夫が子どもと作ったレゴの顔。

歯みがきを教えるためにつくったそうで、下の歯が抜けたところも再現してあるのがすごい! 

子育てでは、私ができない(しない)ところを夫がフォローしてくれるのでとても助かっています。

▼左が顔と上の歯。右が下の歯。

f:id:riekoand:20200422140114j:plain