Love my life

世界中の人とつながる、シンプルで豊かな暮らし


スポンサードリンク

フランスの林檎菓子「タルト・タタン」食育をかねて新しいレシピに挑戦!

f:id:riekoand:20200414174608j:plain

皆さん、こんにちは。今日も家ごもり中です。

家で出来ることといったら掃除、洗濯、料理。でも少しでも楽しいことをしたくなるのか、掃除よりもついつい料理をする時間が長くなります。先日は新しいレシピに挑戦してみました。

目次

タルト・タタンはフランスのお菓子

先日娘とテレビを見ていて、たまたま見つけた番組『世界はほしいモノにあふれておいる』。

おしゃれなメガネバイヤーさんがフランスに買いつけに行くのですが、フランスに行く本当の目当ては、メガネじゃなくて、これかも(笑)と言って食べていたタルト・タタンがとっても美味しそうでした。

「人生が変わるメガネを探す旅 フランス」 - 世界はほしいモノにあふれてる 〜旅するバイヤー 極上リスト〜 - NHK

調べると、『タタン』というホテルで出されたタルトだから、タルト・タタンという名前になったようです。

私は林檎アレルギーがあるため、めったに生のリンゴは食べないのですが、その代わりアップルパイが大好きです。番組を見てから食べたくなって、家で娘と作ってみました。

▼参考にさせていただいたのはこちらのレシピです。

冷凍パイシートで簡単本格タルトタタン by 一貴兄ちゃん 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが326万品

材料

家にある材料で作ったので、もとのレシピとは変えてあります。

・りんご    大3個

・砂糖     70g

・バター    25g

・水     大さじ2

・冷凍パイシート 1枚

作り方

(1)りんごの皮をむいて切る

りんごは皮をむいて8等分に切っておきます。

f:id:riekoand:20200414174622j:plain

(2)砂糖をキャラメリゼする

フライパンに砂糖と水を入れて中火にかけます。茶色になってきたら焦げる前に火を止め、バターを加えて混ぜます。

キャラメルのよいにおいがしてきたら火を止める合図。焦げないようにへらなどで混ぜながら火にかけます。

f:id:riekoand:20200414174635j:plain

(3)リンゴを加える

切ったりんごを(2)のフライパンに入れて再び火にかけます。水分がでますが、焦げないようにへらでかき混ぜて、水分がなくなったら火を止めます。 

f:id:riekoand:20200414174639j:plain

ちなみに、ここで水分がかなり出ていたので油断していたら、みごと焦げましたー! こうならないよう注意です(汗)。

f:id:riekoand:20200414174646j:plain

(4)型にりんごをしきつめて形をととのえる

オーブン調理ができる容器に(3)のリンゴを並べて、上にお皿などを載せて形をととのえつつ粗熱をとります。

型になる容器にはクッキングシートをしいておくと後で洗うのが楽です。

(5)パイ生地を乗せて焼く

粗熱がとれたら、りんごの上に市販の冷凍パイシートを重ねます。パイは載せてから型のふち部分を少し押し込んでおきます。

180℃に予熱しておいたオーブンで40分焼きます。少しパイ生地が茶色に色づくまで、様子を見ながら加熱する長さを調整します。

▼焼けました!

f:id:riekoand:20200414174651j:plain

作ってみた感想

夫はもともとドライフルーツやジャムが苦手。さらに娘はレーズンが苦手です。

娘は加熱したりんごは好きなのですが、少し焦げてしまったからか「パイ」部分だけが好評でした。ということで、今回喜んだのは私だけという結果に(笑)。

個人的には好きなお菓子なので、次に作るときは焦げないように注意して作ろうと思います。

なお、今回タイトルに食育とつけましたが、娘が手伝ったのはパイ生地を載せたところだけ。他に夢中なことがあったようなので、それで良しとしてみました!

家にいる時間が長くなるなか、ご一緒に新しいレシピに挑戦してみませんか?

 

▼お読みくださりありがとうございます。応援クリックをいただけると嬉しいです!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ