Love my life

毎日をシンプルに、豊かに暮らしたい。


スポンサードリンク

大阪ユニバーサルスタジオジャパン子連れ旅行記【準備編】

f:id:riekoand:20181030115220j:plain

ハッピーハロウィーン!

先週末、ハロウィン感満載のユニバーサルスタジオジャパンに、夫、私、5歳の娘で行ってきました。
私が映画好きなので、いつかは行きたいと思っていましたが、思っていたより早く行くことになりました。

目次

チケットが当選した!

今回、ユニバーサルスタジオジャパン(USJ)に行くきっかけになったのは、チケットが当たったこと。

大和ハウスのキャンペーンに夫が応募してくれていました。夫くん、ありがとう!

PREMIST CLUB会員のみなさまへ 「大和ハウス スペシャルVIPプラン」 特別な1日をプレゼント

旅の準備は、どう行くか、どこに泊まるか

今回、当選したチケットの日程がすでに決まっていたので、ほぼ旅程(土曜日)は確定。

土曜の早朝に東京から大阪まで行って、そこからUSJに入るのは時間的にもったいないので、前日の金曜に大阪に移動することに。金曜日は、娘の幼稚園があるので早めにお迎えにいきます。

東京からは新幹線のエクスプレス予約を利用していきました。

▼通常料金より安く乗ることができます。

エクスプレス予約 新幹線の会員制ネット予約

娘は5歳、小柄な方なので座席は大人2名分だけでOKでした。少しでも節約。

 

次はホテル探しです。

今回は、こちらの京橋駅直結のホテルにお世話になりました。

【公式】ホテル京阪 京橋 グランデ|大阪城ホール徒歩圏内でビジネスにも最適

USJがあるユニバーサルシティ駅にも20分ほどで行けますし、なにより駅直結なのが助かります!

京阪モールが入っているビルにあるホテルなので、お買い物や食事にも便利でした。

 

いつも旅行に行くときは、私が行きたいところや食べたいものを選んで大まかな旅程をつくり、夫が交通手段やホテル探しをしてくれます。

家族で分担すると、旅行準備も気楽です。

テーマパークの準備は、乗りたい、見たい、食べたいものを選ぶことから始める

交通手段とホテルを決めるのと平行して、ガイドブックを読みながら、乗りたいアトラクションやショー、食べたいものなどをピックアップします。

大阪のガイドブックでは、行きたい場所、食べたいものなども考えていきました。

 

参考にした本はこちら

▼大阪全体

ご当地グルメコミックエッセイ まんぷく大阪

かわいらしいイラストでめぐる大阪グルメ本。

今回の旅行はUSJがメインだったので、掲載のお店はいけませんでしたが、次に大阪にいくときも必ず読みたい一冊です。

▼ユニバーサルスタジオジャパン

公式なので、他のガイドブックとは違ってミニオンズがちゃんとミニオンズ(笑)(公式でないと、「ミニオンズっぽいイラスト」に変わります)。
写真を見ながら、想像をふくらませるのが楽しいです。

レストランの食事も、これ食べたいなーとか、こどもにアトラクションの説明をするのにも使えました。


ユニバーサル・スタジオ・ジャパンよくばり裏技ガイド2018

こちらの本では、基本攻略法「休日のファミリーコース」が参考になりました。

ひとつひとつのアトラクションやショップの説明も丁寧で、スケジュールを組むのに良い本です。

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン 〇得口コミ「完全攻略」マニュアル

次は、お楽しみポイントとして、実際に行った方の口コミが書かれているのが参考になりました。

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンの便利ワザ230

使える便利ワザが詳しく書かれているので、USJ初心者にはイメージトレーニングができて助かります。

子どもと行く! ユニバーサル・スタジオ・ジャパン 安心口コミ! ○得ファミリーガイド

やっぱり子連れ旅行には、子連れ向けのガイドブックが必須。

年齢にあわせたスケジューリングに使えます。

内容が決まったら、スケジュール作り

f:id:riekoand:20181030131810j:plain

内容が決まったところで、いよいよスケジュール作りを開始。

子連れなので、あまり多く移動できないことを考えて、行く場所をしぼりました。

ユニバーサルスタジオジャパンには、小さな子供向けのユニバーサル・ワンダーランドというエリアがあって、キティちゃんのほか、スヌーピーとセサミストリートといったこどもが大好きなキャラクターの世界が広がっています。

娘はキティちゃんのアトラクションが気になっている模様。娘のことを考えて、当日はこちらのエリアを中心にまわることにしました。

他には、私のリクエストでミニオンパークとハリーポッターエリアに行くことに。

 

流れは、上でも紹介したガイドブックの「休日のファミリーコース」を参考にしています。

▼当日のスケジュール(予定)

時間

内容

備考

6:30

起床、朝食

 

7:30

ホテル出発 JR(京橋→ユニバーサルシティ) 直通

 

8:30

【開園】

ガイドブック・スケジュール表を取得

ハリポタエリア整理券(16時台?)セントラルパーク

ダイワハウスラウンジ(10:00~17:00)

ミニオンパーク(写真メイン)

ハチャメチャアイス

 

10:05

ミニオンこわかわグリーティング

 

11:00  

ユニバーサルワンダーランドへ

<よやくのり>

・モッピーのバルーントリップ

・フライングスヌーピー

・スヌーピーのグレートレース

・エルモのバブルバブル

・エルモのゴーゴースケートボード

ハローキティのリボンコレクション

ハローキティのカップケーキドリーム

ハローキティのリボンブティック(ショップ)

スヌーピーサウンドステージアドベンチャー

ビッグバードのビッグトップサーカス

エルモのリトルドライブ

 

 

 

 

 

 

   お土産購入

10:00-13:00

ハッピートリックオアトリート

 

14:30

フェスタ・デ・パレード

 

15:00

ひと休み

ハローキティのコーナーカフェ

クッキーモンスターキッチン

 

16:00

ハリーポッターエリアへ

 ホグワーツ急行(写真)

 ハニーデュークス(蛙チョコ・ビーンズ)

 三本の箒

  バタービール・かぼちゃジュース

  フィッシュアンドチップス

  シェパーズパイ&ガーデンサラダ

  糖蜜タルトラズベリー&クリーム添え

  キャッスルウォーク(城見学)

  ストリートエンターテイメント

 

18:00

ユニバーサルワンダーランドこわかわナイト

 

20:00

退園

 

 

こんな感じで、スケジュールと持ち物等を載せた旅のしおりをつくりました。

本や動画で、子どもと一緒に予習をする

なお、大人はガイドブックや映画でUSJの世界感をわかりますが、5歳の娘はどんなところなのかをまったく知りません。

キティちゃんは知ってるけどスヌーピーはあやしい。セサミストリートの仲間はまったく、といった状態。

なので、子ども向けの予習として、ガイドブックのほかにもこんな本を借りたり、YouTubeやDVDで動画をみたりしました。

 

▼本

スヌーピーをさがせ! おばけとあそぼう編

ちょうどハロウィン時期だったので、楽しく読めた「 ウォーリーを探せ」系の絵本。

すぐ見つかるものもあれば、なかなか見つけられないものも。大人も楽しめました。

通常版。スヌーピーの仲間たちの名前を覚えるのに便利。

スヌーピーのシェープブック〈3〉スヌーピーのいちにち

こちらの本、スヌーピーの形をしていてとっても可愛いです。

5歳児にはあっさりした内容ですが、形が可愛らしいせいか娘もお気に入り。

▼動画

セサミストリートの動画

とても便利だったのが、こちらのセサミストリートのYouTube日本公式チャンネル。

セサミストリート日本公式 - YouTube

図書館にスヌーピーの本はたくさんあるのですが、セサミストリートの本が見つからなくて、代わりにこちらのチャンネルでいくつか動画をみました。

娘のお気に入りは、クッキーモンスターニュース。なかなか味わい深い…。

クッキーモンスターニュース 第1話:「空手」編 フルバージョン - YouTube

 

▼映画

怪盗グルーの月泥棒 [DVD]

ユニバーサルスタジオジャパンには、昨年2017年にミニオンパークができたばかり。

ミニオンズについても、さっそく映画で予習。こちらはシリーズの一作目です。

最初は鶴瓶さんの顔しか浮かばなかったグルーも、何度か観ていると大阪弁しかありえないような気になってくる…!

I Love スヌーピー THE PEANUTS MOVIE

こちらは図書館でみつけた映画。チャーリーブラウンの声を俳優の鈴木福くんがやっていて、ほっこりします。

娘も気に入って何度かみていました。

ハリー・ポッターと賢者の石 特別版 [DVD]

いわずと知れたハリーポッター第一作目!

昔わたしが買ったDVD。これを娘と見られる日がくるなんて…成長を感じます。

さすがに5歳児にはまだ難しかったようですが、この映画を観ておいたおかげで、家族でハリーポッターエリアも楽しめました。

持ち物

準備の最後は持ち物について。

東京よりは暖かいものの、雨が降りそうだったので雨具も持参。


・お金・財布

・チケット 

・iPhone・充電器・バッテリー

・カメラ

・旅のしおり

・日焼け止め

・帽子

・水筒

・雨具

・タオル 

・ウェットティッシュ

・ポケットティッシュ

・おやつ

・ 保険証

・こども風邪薬、ばんそうこう、葛根湯、ビール酵母

・レトルト(おかゆ、豚汁など)

 

【こども用】

・ポンチョ

・着替え3セット(パジャマ兼)

・ジャケット

・パーカー

・キティカチューシャ・キティバス

・ヘアゴム

・くし

・絵本(新幹線乗車前に購入予定)

 

【わたし用】

・メガネ

・コンタクト液・予備・容器・タブレット

・サングラス

・化粧道具一式・くし

・レインコート

・ネックウォーマー

・夜昼用スパッツ

・リュック

・ななめがけポーチ

 

持ち物については、もっと少なくても良かったと思います。

そもそも、スーツケースで行ったのがちょっと後悔。

スペースがあると、ついつい詰め込んでしまうので、要らないものも入れてしまいました。

 終わりに

せっかくお金と時間をかけて遊びに行くのだから! と旅行のときはついつい張り切ってしまいます(笑)。

なので、旅行がおわっていくつか反省点も。

これからお子さん連れでユニバーサルスタジオジャパンに行く方の何かしら参考になれば嬉しいです。

次回からは、実際に大阪にいったときの旅行記を書きたいと思います。

 

▼いつも応援クリック、ありがとうございます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ