Love my life

世界中の人とつながる、シンプルで豊かな暮らし


スポンサードリンク

映画、『ペトルーニャに祝福を』自分の力で自分らしく生きる【好きなものこと】1日目

f:id:riekoand:20210601135142j:plain

皆さん、こんにちは!

ポジティブ心理学を学びながら、英語を通じて夢や目標をかなえるサポートをしているりえこです。

今日は「好きなものことチャレンジ」として、映画について書きたいと思います!

5月はランニングチャレンジ!6月は…!?

 

昨日で福田萌子さんのランニングチャレンジが終わり

軽くロスになっています…。


このランニングチャレンジは、

スポーツトラベラーの福田萌子さんが

インスタグラムで呼びかけ企画されたイベントで、

5月の一か月間、

同じタグをつけてお友だちをメンションし、

毎日2キロを目標に、歩いたり走ったりして、

友だちや仲間とつながろう! 

という企画でした。


私も、なんとか最後まで

毎日ウォーキングやジョギングで参加できたことに、

自分で拍手♪

あらためて、仲間がいるっていいなあ、
続けられるなと感じた素敵なイベントでした。

さて、せっかく一か月の間

毎日続ける習慣ができたので、

「6月からも何かしたい!」

と考えて、

「好きなものやこと」とあわせて

英語やポジティブ心理学について

ブログに書くのはどうか、

というアイディアが湧きました。

 

(私の勝手なアイディアです…笑)

そう決めたら行動。

さっそく一日目は、「映画」についてご紹介します。

 

映画『ペトルーニャに祝福を』

 

久しぶりに映画館で観てきたのが、

 映画『ペトルーニャに祝福を』。

"God exists, her name is Petrunya"というのが原題です。
訳すと「神は存在する、その名前はペトルーニャ」。

 

exist というのは「存在する」という意味の動詞です。


これから観に行かれる方のために、

ネタバレしないように書きたいのですが、

ラストシーンで原題の意味があきらかになる

というふれこみでした。

 

主人公のペトルーニャは32歳で無職の独身女性。

大学では歴史を専攻して卒業もした彼女ですが、

同居している親に職探しをしてもらっているようで、

ちょっと冴えない感じの女性…。

 

ですが、面接にいく途中に母親が

アドバイスをしに追いかけてきたり

母親も過干渉みたい…

 

さらに、面接ではセクハラも受けて
より落ち込むペトルーニャ。

 

そんな母親や、

女性差別のある社会、

仕事がないことへの

苛立ちから起こした行動が、

 

自分のことを見つめることで

(しかも、警察署のなかで!)

 

客観的に考えることができ、

受け入れ、

成長したすることができたのかなと感じました。

 

自分の問題を人のせいにしないこと

社会のせいにしないこと

人の問題は自分の問題ではないこと、

変えるなら自分自身で行動する!

そんなメッセージを受けとりました。

 

(女性だけでなく、

男性も「男性らしさ」に悩んでるよ…

といった演出も良かったです♪)

 

希望のあるラストシーンが

とても清々しく素敵でした。

 

『ペトルーニャに祝福を』は東京では岩波ホールで上映中です!

映画『ペトルーニャに祝福を』公式サイト

  

マケドニアの映画『ビフォア・ザ・レイン』

 

ちなみに、こちらの映画を観たきっかけは、

毎朝見るNHK番組

「キャッチ!世界のトップニュース」で

紹介されていたから。

 

キャッチ!世界のトップニュース - NHK

 

わかりやすく

世界のニュースを伝えてくれるのでおすすめです♪

 

さらに、マケドニアという国で思い出したのが、

『ビフォア・ザ・レイン』という映画。

学生の頃に見た映画で、

マケドニアを舞台にした

若い僧と少女の出会いからはじまる映画です。

 

音楽がとても素敵で

サントラまで買っていました♪

 

 

その作品に出ていた方が、

『ペトルーニャに祝福を』にも出演されていると知り、

これは観なければ!!

と一人意気込んで行ってきたというわけでした。

 

(今作ではテレビレポーターと言う役柄。

大人になっていて感動しました!!)

 

隣国なのに言葉は通じず争ってしまう…

マケドニアやロンドンを交差する、

切なく心に残る映画です。

 

ペトルーニャのように

自分の不幸や不満を人のせいにしなくなれば、

争いは減るんじゃないかと

本気で思っています!

 

私が思う映画の魅力

 

映画館に映画を見に行ったのは

久しぶりだったのですが、

学生の頃は毎月のように

観に行っていました。

 

映画を観る理由は色々あるけれど、

やっぱり、

自分ではない誰かの人生を仮体験できる!

 

これにつきるかもしれません。

年齢性別、国、時間関係なく

誰か別の人の体験をさせてもらえる♪

 

主人公が成長する物語なら

自分も成長した(ような)気がしますし、

地球の平和を守るお話なら

ヒーローになったような爽快感を味わえます!

 

自分一人の人生だと

味わえなかった体験ができるのが

映画の魅力かなーと思います。

 

私の好きなものことチャレンジ、

一日目は「映画」でした!

 

皆さんの好きなものことも

教えていただけたら嬉しいです。

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました!

 

▽応援クリックありがとうございます。

とっても励みになります!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

ボタンや、画像を押していただけると
それぞれのブログランキングに反映されます♪